別れてから時間がたっていても復縁できる?

ありがちな悩みや失敗例
復縁を望む人の中には、相手と別れて1年、2年たってしまったという人もいるでしょう。


別れてからあまりにも時間がたってしまうと、相手は自分のことを忘れてるんじゃないか…という不安が出てきますよね。


本当は、復縁を望むなら冷却期間を置いたとしても、別れて半年~1年以内には相手に何かしらのコンタクトを取りたいもの。


年単位でブランクがあいてしまうと、相手に新しく恋人や好きな人ができる可能性も高くなり、復縁のハードルは上がってしまいます。


しかし、悲観することはありません。


別れてから5年、10年とたっていても復縁に成功したケースは多いものです。





相手と連絡が取れている場合の復縁方法

別れた後も相手と連絡が取れている場合は、別れて何年か経過していても復縁に成功しやすくなります。


それなりにメールや電話で相手と接触する機会がある、会うことができるならば、そこから復縁のステップを踏んでいけばよいのです。


しかし、相手はすでにあなたのことを友人・知人としか認識していないでしょうから、以前とは違った魅力に気づいてもらう努力をしなければなりませんね。


まずは友人として心をひらいてもらいましょう。


「この人といると何だか安心する」という気持ちとともに、異性としての魅力をアピールし、「やっぱりこの人じゃないとダメだ」

という気持ちに変化させることができれば、復縁にぐっと近づけます。





相手と連絡が取れていない場合の復縁方法

では、別れてから全く連絡を取っていなかった場合はどうでしょう。


メールアドレスや電話番号も知らない、あるいは以前と変わってしまっている、住所もわからない…

そのような場合は復縁を諦めてしまいたくなりますが、何か方法がないか考えてみましょう。


共通の知人がいれば、その人を当たって連絡を取ってもらいましょう。


SNSなどを通して相手の今の状況を知ることができれば、それを足がかりにして復縁へのステップへとつなげることができます。


うまく相手と連絡が取れたら、メールのやり取りから電話へ、そして実際に会えるようにと、段階を踏んで少しずつ近づいていきたいですね。


別れて何年たっているから復縁はムリ!と一概に決めることはできません。


年数がたっていても復縁に成功することは可能ですから、
あきらめないで、ベストをつくすことが大切です。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大