交際期間が短い場合の復縁方法

Parochka-14
付き合って間もないのに別れてしまったという場合は、わりと原因がハッキリしています。


「魅力的に感じたはずなのに、いざ付き合ってみたら思っていた人と違った」とか、「合コンで意気投合したけど、じっくり話してみたらタイプではなかった」など。


こういったケースは、相手のことをよく知らずに付き合ったということがそもそもの原因です。


また、相手を好きになったあまり、自分のことを知って欲しくて全てをさらけ出したり、束縛しすぎてしまったという原因も考えられますね。


では、交際期間が短い場合の復縁方法を見てみましょう。






復縁をしつこく迫るのはNG

もしも、あなたの過剰な束縛が別れた原因だった場合、やり直したいとメールや電話をすればするほど、相手は逃げてしまいます。


復縁の基本でもある冷却期間を置き、しばらく何もしないことが大切です。


付き合った期間が短いと、相手に忘れられたり、すぐに他の人を好きになってしまうのではないかと不安になる気持ちはわかりますが、焦って連絡をしてもいいことはありません。


まずは自分自身が落ち着きを取り戻し、冷却期間の間に自分は相手にとってどのような存在だったのか、何が原因で別れてしまったのかをじっくり考えましょう。


「あなたってこんな人だったのね」と思わせるのが復縁のコツ

お互いの魅力を知る前に別れてしまった、というのは、ある意味もったいないことですよね。


しかし、別れに至ったことから分かる通り、相手はあなたの魅力よりも欠点や悪いところに先に目が行ってしまったのかもしれません。


そこで、自分の意外性をアピールすることが復縁方法につながります。


冷却期間を置いた後は、何気ないメールで様子をうかがうなどして連絡を取ってみましょう。


相手が受け入れてくれた場合は、自分にはこんな魅力もあるんだ、ということをアピールしてください。


付き合っていた短い期間ではわからなかった魅力が見えることで、相手の気持ちが変わってくる可能性もあります。


ただし、しつこくなり過ぎないように注意してくださいね。


交際期間が短いことと愛情は単純に比例するものではありません。


付き合った期間が短くても復縁は可能ですから、あきらめないでくださいね。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大