メールが拒否される時は

相手の心理を考える
メールを送っても返信がこない。

電話にも出てもらえない。


別れたばかりの頃や、ひどいケンカ別れをした場合、相手がこちらからの連絡を一切拒んでしまうことがあります。


あるいは、あまりにもしつこく連絡したり復縁を迫ったりした場合も、同じように連絡を拒否されることがあります。


相手に連絡が取れないと、もうこのまま疎遠になってしまうのでは…と不安になってしまいますよね。


しかし、メールや電話が拒否されていても、復縁することが難しいとは限りません。


正しい方法でステップを踏めば、復縁は必ず成功します。


あきらめずに、まず時間を置くことから始めましょう。





冷却期間を置き、相手が落ち着くのを待つ

大きなケンカをしてしまったり、相手が一方的に怒っている場合、カッとなって着信拒否という報復手段を取ることがあります。


そういう時は、まず時間を置き、相手の感情が落ち着くのを待ちましょう。


自分がしつこく連絡をしてしまったり、未練タラタラで追いすがったような場合は、ますます時間を置かなければなりません。


相手はあなたにうんざりして、連絡攻撃から解放されたいと思っているのですから、ここでたたみかけるようにSNSや知人を介して連絡を取ろうとすると、本当に嫌われてしまいます。


復縁をしたいなら、まず冷却期間を置くことを忘れずに。





着信拒否から復縁につなげる方法

十分に時間を置いたら、少しずつ相手との接触を試みましょう。


電話やメールが拒否されたままの場合は、手紙を送ってみるのもいいかもしれません。


その場合、内容はあくまでもしつこくしたことの謝罪にとどめ、復縁には触れないこと。急ぎすぎは厳禁です。


そして、共通の知人を通じて連絡を取れないか探ってみましょう。


知人を含めた複数で相手と会ったりできれば、それが復縁のチャンスにもつながります。


しかし、実際に会うその時に、復縁の話は出さないこと。


他人がいる場で復縁の話を出されるのは相手も嫌がるでしょうし、ますます警戒されます。


相手への執着心や未練を出さず、以前とは違った自分を見てもらえるようになるといいですね。


着信拒否をされていてもチャンスがないわけではないのです。


多くの人はここで焦って復縁のチャンスをモノにできないだけ。


きちんと段階を踏んで復縁をすすめるようにしましょうね。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大