これだけはやってはいけない!復縁のタブー

ありがちな悩みや失敗例
復縁するにあたっては、正しい方法で、決して焦らずに行動することが大切です。


でも、相手のことを思うがゆえに、時には身勝手な行動をしてしまったり、相手にすがってしまったりと、気持ちのブレーキが効かずに行動してしまうこともありますよね。



そんな時、自分の気持ちをしっかり抑えるためにも、復縁のタブーを知っておくことをオススメします。


「復縁したかったら○○はしてはいけない!」

それを心に刻んでおけば、いざという時に思い出して、ブレーキをかける助けになるかもしれません。





愛の告白は絶対にNG

別れた相手と復縁したい。


その時、ほとんどの人がやってしまいがちなのが、「まだあなたのことが好きです。もう一度やり直そう」と直接伝えてしまうこと。


これは、復縁の方法の中でも、最もやってはいけないことです。


別れた後、相手はあなたのことを遠ざけようと必死です。


あなたのことを忘れたい、あなたのことを思い出したくないと思っているかもしれません。


そこまでいかなくても、相手に「よりを戻す」という選択肢がない状態で復縁を迫られるのは、苦痛でしかないのです。


復縁を迫られると相手はますます心を頑なに閉ざし、あなたに背を向けてしまいます。


特に、相手に新しい恋人がいる場合は、過剰に接触すると本気で嫌がられます。


復縁したいのなら、まだ愛していると告げたり、復縁を迫ったりしてはいけません。


愛の告白をするのは、復縁の最後のステップです。




自暴自棄にならないこと

別れたばかりの時は特に、もう辛くて悲しくて自暴自棄になりがち。


復縁したいのにできない、相手と連絡も取れないとなると、もう何もかもどうなってもいいと思ってしまい、自堕落な生活を送ったり、オシャレにも気を遣わなくなったりしてしまいます。


でも、自暴自棄になったって何も変わりません。


まずは冷静になりましょう。


冷却期間のうちにやることはたくさんあるはずです。


復縁を成功させたいなら、自分を磨く努力をすること。


外見を磨き、勉強や趣味に打ち込み、再び相手と会った時に「あれ?何か変わったな…」と思わせるのが、復縁成功のカギとなります。


自分磨きは最も有効な復縁方法です。


あきらめずに、見えない努力をすることが大切ですよ!

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大