別れについての女性心理

女心と秋の空、と言われるように複雑な女性心理ですが、
男性から復縁したいと思ってもこの女性心理を知り、
理解しないまま復縁するためのアプローチをしても復縁どころかわずかな可能性も
失ってしまうことになりかねません。

もちろん人それぞれ性格の違いなどもありますが、
愛する女性と復縁するためには女性がどういった心理で別れる事を考えたのか、
別れを決める時、女性はいったいどんな心理状態でいるのかを
知ることがとても大切なのです。



スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

新しい恋愛で上書きする


女性心理の特徴として、女性は新しい相手が出来たら現在の相手が全てで、
別れた元カレとの復縁ということはあまり考えません。

あくまで過去のことと考えるのが女性特有の心理で、
終わった恋愛に新しい恋愛を上書きするのです。

元カレの思い出はあっても貰ったプレゼントや写真などは捨ててしまうという人も多く、
男性よりも切り替えが上手です。

男性が過去の恋愛を保存していくのに対して、
女性は上書きするために、元カレという存在を割り切って考えるので
心理的に

「この人は元の恋人であって、もう終わっている、今は友人」

として向き合うことが出来るのです。



別れを決める時


別れの原因は色々ありますが、
別れるかどうかを決める時に気持ちを一番重視するのが女性心理の特徴です。

楽しく過ごせていた時とお互いの状況が変わらなくても、
気持ちが変化してしまったり無くなってしまったと思えば
続けていく事が出来ないと考え始めてしまうのが女性心理です。

また、女性は色々な出来事をその時の感情とともに
記憶していくため何かキッカケがあると、
その相手に関する「イヤだと思った気持ち」を一連の事として思い出してしまい
女性が「もうムリ」と思った時には別れを決めている、というのが女性心理の特徴です。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする