元カノとの復縁!心理学を生かした振り向かせる方法とは?

復縁に役立つ情報 元カノと復縁したいときに役に立つ心理学を生かした方法を紹介しましょう。

・好意を示せば好意で返ってくる
・一度嫌いになったものは大好きになる可能性がある
・喉が渇いている馬は水場に連れて行くことが簡単

こうした心理をついて、元カノと復縁を成功させたいときのシチュエーションに当てはめてみましょう。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

好意を示せば好意で返ってくる

相手の行動に好意的な感情で接すると、相手もあなたの事を好意的に見てくれます。

別れを切り出され憤慨したり、怒りや恨みの感情を持ったとき、相手にそれをぶつけると、返ってくる感情は同じく怒りや恨みです。

元カノには、感謝の言葉を別れ際に伝える事が出来ると良いですね。

冷却期間後の再会では、復縁を口に出す前に、好意的な感情で接しましょう。


一度嫌いになったものは大好きになる可能性がある

一度嫌いになるというのは、深く気持ちに刺さっているという心理状態でもあります。

人に対しての感情は、好き、嫌い、無関心にわけることが出来ます。

好きと嫌いは、裏と表の関係になっていますから、恋愛関係にあった彼のことをとても嫌いになってしまう元カノさんも多いのです。

でもコレを復縁のパターンに置き換えてみると、冷却期間を焦らずに上手く乗り越えられたら、”好き”という気持ちの爆発力は高いと思いませんか?


喉が渇いている馬は水場に連れて行くことが簡単

ことわざにもあるように、いやがる事を無理にさせるのはとても大変だけれども、気持ちが向いている事を仕向けるのは簡単だという事です。

「別れたい」と言っている相手に「別れたくない」と粘るよりも、いったん冷却期間を置いて、「そういえばどうしているかな」と思った時に連絡すると、印象は悪くないはずです。

自分の気持ちを主張するばかりでなく、元カノの心理を読んで、焦らず対応しましょう。


まとめ

心理学を意識すると、冷静になりどころで気持ちを上手くコントロール売ることが出来ます。

復縁に焦りは禁物ですから、心理学的なアプローチで冷静に対処してみましょう。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする