元カノと復縁したい!ケースごとの期間の違いは?

復縁に役立つ情報 元カノと復縁したいあなたのために、冷却期間のおき方をケースごとにまとめて見ましょう。

復縁成功には冷却期間が必要ですが、些細な行き違いから、お互いの信頼関係にヒビが入っているケースでは、ベストな期間が違ってきます。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

些細なすれ違いは1週間で修復

ちょっとした口げんかや、待ち合わせに遅れた、傷つける事を言ってしまった・・・

こんな時にはすぐに謝りましょう。

愛情が冷めていなければ、1週間ほどそっとしておいて、元カノに対する素直な気持ちを伝えれることが出来れば、心を開いてくれるようになります。

喧嘩のあとで、すぐに謝らずに維持の張り合いで1ヶ月音信不通だなんて、話がこじれてしまいますよ。


価値観の不一致や信頼が壊れてしまったら長期戦で対応

些細な事が積み重なって、あなたと合わないと感じていたり、信頼関係が壊れているというときには、新しく関係を築き直す覚悟で復縁を成功させましょう。

『別れ際はあっさりと対応し、冷却期間を1ヶ月以上とる』
コレが鉄則です。

元カノも、あなたとの距離を置いて不満や不安を落ちつかせることで、冷静になる期間が必要なのです。

別れを告げられてパニックになり、毎日つきまとったり、電話やメールをしまくったら、しつこさで嫌になってしまいます。

どんなに上手くいっているカップルでも、100%お互いの事を理解し合っている、秘密は何も無いということは無いのです。

理解出来ない行動があっても、思い通りになってくれなくても、自分に取って大切な人だと思えるなら、復縁の可能性があるのです。

元カノと、焦らずに新しい関係を築いていきましょう。


まとめ

付き合って間もないとか、言葉の行き違いやちょっとしたすれ違いは、すぐに謝ることで修復できます。

数日~1週間の冷却期間で復縁出来るケースです。

積み重なったあなたへの不安や不信感が原因の場合は、心からの謝罪、そして元カノが別れを望むならいったん受け入れます。

1ヶ月以上冷却期間を置いて、新しい関係をスタートさせましょう。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする