元カノと復縁失敗の原因はココにあった!あなたは大丈夫?

復縁に役立つ情報 元カノと復縁失敗の原因にあなたは気付いていますか?

先日、交際半年の彼女と別れた会社員の佐藤さん(28歳)の体験談を見てみましょう。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

オレがこんなに一生懸命なのになぜわかってもらえないのか

佐藤さんが同じビルの会社員由香さん(24歳)さんから、交際半年で別れを切り出されました。

勤め先が同じ建物だと言うことで、帰りに待ち合わせをする事もありましたし、『女性は一緒にいてくれる男性が言いに決まっている』と思った佐藤さんは、仕事が早く終わりそうなときには出来るだけ誘うようにしていました。

由香さんの事を精一杯大事にしてきたつもりなのに、別れを切り出されるなんて納得がいきませんでした。

別れたくないと食い下がって、1ヶ月ほど揉めてしまいました。

由香さんの気持ちを変えようと毎日メッセージを送って、返信がないと怒りをぶつける内容になって行きました。

佐藤さんは、こうなってしまったあとも由香さんの事が忘れられなくて、待ち伏せしたり、復縁のための行動を続けました。

こうして、佐藤さんの復縁は失敗に終わったのです。


失敗の原因とNG行動

① 元カノの都合を無視して自分の気持ちで突っ走ってしまった。
② 別れ際で揉めて印象を悪くしてしまった。
③ 怒りをぶつけて怖い思いをさせてしまった。
④ ストーカー行為で、しつこい、ウザイと感じさせてしまった。
⑤ 復縁を焦って元カノの気持ちを思いやる余裕がなかった。

佐藤さんの復縁失敗の例からもわかるように、別れに納得いかない気持ちを引きずったまま復縁を訴える行動に出ると、焦りが出てしまいます。

元カノだって気持ちの切り替えが出来ていませんから、何を言っても『別れたい』という気持ちで聞くことになります。


まとめ

恋愛成就には、お互いの気持ちが向き合って引き合う関係が必要です。

復縁したいと思っても、冷却期間が不十分で向き合う気持ちがないときに、強引にアプローチしても復縁は失敗してしまいます。

元カノの気持ちを考えてじっくり待つことも大切です。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする