元カノと復縁!連絡を取り合えるまでになるには?

復縁に役立つ情報 元カノと復縁したいという場合、連絡を取り合える関係に持ち込むことがポイントです。

元カノから別れを切り出されていた場合、『苦労して別れた相手とつながるのはまためんどくさいな』というイメージを持たれています。

いきなり『復縁する・しない』の話題を出すなんてもってのほか!

という事で、どんな距離の測り方をすると、元カノと連絡を取り合えるようになるのかまとめていきます。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

冷却期間はしっかり守る

元カノがあなたに拒否の気持ちを持っている間は、何を言っても無駄です。

あなたの彼女に対する『すきすきすきすき』という思いは、元カノから『無駄無駄無駄無駄』とムザンに跳ね返されてしまいます。

冷却期間を1ヶ月はとって、冷静になりましょう。


アプローチの綿密計画とは?

そこから、前向きに生活する魅力的なあなたの様子をSNSで発信していきます。

彼女とのラインが生きていれば、週に1度程度、メッセージを入れてみましょう。

特に拒否されなければ、少しずつ、内容を濃くして行きます。

3ヶ月くらいかけて、飲み会の会場、上司への手土産など復縁に関係のない相談を持ちかけてみます。

『相談に乗ってもらった御礼がしたいのだけど』と言って、ランチかお茶に誘う連絡を入れてみましょう。

ここでは復縁という言葉はまだ出しません。

普通に連絡を取り合えて、お茶したり、映画に行く相手というポジションをゲットします。

気軽に遊びに誘えるくらいに関係が修復したら、元カノの良き理解者、なくてはならない存在というポジションに駒を進めていきます。


まとめ

連絡が気軽に取り合える状況を復活させるには、焦りは禁物です。

元カノの気持ちの落ち着き具合を見ながら、時間をかけてなくて『ならない人』というポジションを固めていくのです。

返信が必要な連絡を入れるまでに、数回は、返信不要の何気ないメッセージで様子を見ましょう。

早く復縁したいと暴走する事が、元カノとの溝を深めてしまいます。

元カノの気持ちの変化を見極めながら連絡をとってくださいね。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする