よりを戻すための最強法則を大公開!きっと幸せになれる

復縁に役立つ情報 よりを戻すためには、相手にあなたが必要だと感じてもらう行動を取ることがポイントとなります。

そんな、よりを戻すための行動に法則はあるのでしょうか。

最強法則を探っていきたいと思います。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

よりを戻すための最強法則はコレ!

・別れて1ヶ月は連絡をしない
・初めてのメッセージは軽いノリの返信不要の内容で
・『好き』を多用しない
・相手に逃げ道を用意しておく

よりを戻すことが出来る確率を上げるために必要な法則を集めて見ました。

別れることになった理由は、カップルによって様々ですが、別れ際をキレイにして印象が良いまま冷却期間を過ごすことが出来れば、よりを戻すことが可能になります。

もし、別れる別れないで揉めると、「もう二度と会いたくない」ということになりますから、引き際良く、1ヶ月待って再び連絡を取ると良いというのは、法則と呼べるでしょう。



また、好きだという気持ちを前面に押し出しすぎて、相手を追い詰めてしまうと、よりを戻すかどうかの返事はさて置いて、友達づきあいを復活というわけにもいかなくなります。

相手を追い詰めないというのも、法則の一つです。


最強法則で本当に幸せになれるか?

相手の気持ちを尊重するというのは、よりを戻す法則の柱になります。

「あなたは自分の気持ちの高まりを受けるべきだ」

こんな態度の人とやっていけるか不安になってしまいます。

「あなたの気持ちの準備が整ったら、私はいつでも受け入れる事が出来ます」

という方が、相手の気持ちに負担をかけずに済むので、よりを戻せる確率が上がるのです。

強引になりすぎないように、相手の気持ちを大切にしながらアプローチして行きましょう。


よりを戻す法則を信じる

中には、自分の気持ちをしっかりアピール出来ないとよりを戻すことが出来るか不安になってしまう人もいるでしょう。

けれども、相手を尊重して大切にしている思いは伝わるハズです。

よりを戻したいとアピールするなら、はじめの別れをバネにして、絆を深める方法をとるべきなのです。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする