よりを戻すおまじない厳選3つ!きっと愛が蘇る

復縁に役立つ情報 きっと効く、よりを戻すおまじないを3つ厳選してご紹介しましょう。

気持ちを落ち着けたり、あなたの恋愛パワーを上昇させるのに役立つおまじないばかりです。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

その①願い事を袋とじにする

文庫本よりも小さめの紙に、赤い文字で”私の恋を元に戻すことが出来るなら、寿命10年を生け贄に○○との恋の復活を願います。”と書き、生年月日と自分の名前を書き添えます。

この紙を文庫本の中程に挟み込み、ページの端をのり付けして袋とじにします。

本棚でこの文庫本を保管し、復縁が成功したら文庫本ごと捨てます。

本の種類は、知恵を象徴するような知的なものを選んでください。

『寿命10年』の部分は、悪魔との契約になります。

それなりの覚悟を持って行えば、よりを戻すのに強力な効果が表れます。


その②五本指のおまじない

捨てても良い金のリングと、相手の持ち物を用意します。

目の高さに金のリングを置き、左手で相手の持ち物を持ちます。

右手の手のひらを顔の前に置き、相手の名前を強く思い浮かべてリングに念を込めます。

10回繰り返したら、親指を折って握り10回念を込めます。

さらにひとさし指を折って10回念を込めることを繰り返し、最後は、指をすべて折り拳を握って10回念を込めます。

相手の家の方向に107歩き、この念を込めたリングを捨ててきます。

帰り道振り返ってはいけません。

すると、音信不通だった相手からの連絡が入り、よりを戻すきっかけがつかめるのです。


その③卵にハートマークを描くおまじない

卵は、生命の誕生や、物事の始まりを象徴するものです。

この卵に、静かな夜に一人でひっそりと、ハートマークを描きます。

7個の卵にハートマークを描いて、毎朝1個ずつ食べていくのです。

特に念を込めると言うよりは、新しい気持ちで喧嘩別れした相手と、新しくやり直せますようにといった前向きな気持ちを持つのがオススメです。

おまじないが他の人に知られないようにやり遂げることが大事なので、実家暮らしの人は注意が必要です。

ハートマークの卵を他の家族に食べられないように、遂行して行きましょう。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする