元カノとの復縁のきっかけはこう作る!鉄板秘策はコレだ

まずはここから
元カノとの復縁のきっかけは、どうやって作ったらいいのでしょうか。

復縁を持ちかける前に、連絡を気軽に取れる関係を取り戻しておきたいですね。

きっかけ作りの鉄板秘策をこっそり公開します。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

ツイートやタイムラインで存在を思い出してもらう

別れてから1ヶ月は元カノへのアプローチは控えましょう。

距離を置いてたところに、ツイートを目にすると「どうしているかな?」なんて思うものです。

「返信したら、交際中の事を蒸し返されたり、復縁話になる」というイメージを持たれないように、適度に距離を置きながら、ブロックされずに連絡が取れる関係をキープしましょう。


きっかけに使える秘策

連絡が取れるようになったら、月に1~2回程度のペースでメッセージをいれます。

警戒心を解くことが目的ですから、復縁を希望していることは伏せたまま、二人の関係についての話題以外の内容にします。

彼女の興味のありそうな話題の提供や、自分が嬉しかったことや、面白いと思ったことなどをつぶやく程度からスタートしていきます。

「良いお店知らないかな?」とか、「退職する女子社員のプレゼント何が良いかな?」など、相談する内容に返信がもらえる様になればかなり脈ありです。

「頼りにして悪いけれど、すっごく助かったよ」と言われれば悪い気はしないものです。

いきなり復縁話のきっかけを振るよりも、二人で会うことを気持ち良くOKしてくれる関係にジワジワ持ち込むのです。

会う回数が増えていけば、なんとなく元カノも「落ち着くかも」なんて気持ちになります。


まとめ

焦りは禁物です。

元カノを振り向かせようと、メッセージがいつも復縁を臭わせるものだったり、今でも愛しているというものばかりだと、ウザイと思われてしまいます。

適度に距離を取りながら、居心地の良さをを感じさせる様に大人の対応を印象づける事で、元カノとの復縁の確率がアップするのです。

接点を取り戻す程度のきっかけ作りから始めて、時間をかけて元カノの気持ちを取り戻しましょう。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする