元カレとの復縁!こんな行動は待ったのサインかも

相手の心理を考える 元カレと復縁したいあまりにやってしまうNG行動について調べて見ましょう。

一番避けたいのは、待ったのサインに気付かずにグイグイ行き過ぎて引かれてしまう事・・・。

迷惑だとか、距離を置きたいと思う相手の反応に敏感になっておきたいですね。


■メールやLINEがブロックされている

こんな時に元カレにいきなり逢いに行ったり、偽名を使ってメッセージをいれたりするのは、ストーカー扱いされて、警戒されてしまいます。

ブロックすると言うことは、元カレもあなたからのアプローチを受け取りたくないというサインなのです。

一度冷静になるための時間を持ちましょう。

元カレが振り向いてくれない事へのイライラを、別のことに熱中して時間を楽しむのです。

半年ほど時間を置いて共通の友人から情報を集めて再スタートを切りましょう。


■返信は来ないけれどブロックもされない

ブロックされないからといって、別れた元カレを責めるような内容や、復縁したいというメッセージをしつこく送るのはNGです。

復縁は考えていないけれど、あなたと縁が切れてしまうのも寂しいとどこかで思っているからブロックしないのです。

それなのに、メッセージの頻度が毎日だったり、内容が復縁の事ばかりだと嫌になって、元カレもブロックしてしまうでしょう。

1ヶ月に1回~2回、存在を思い出してもらう程度のメッセージをいれるだけにしましょう。

復縁の話題は、普通にメッセージをやりとり出来るまでに関係が落ち着いて、会うことが出来るようになってからと考えてください。


■まとめ

元カレと復縁したいと思うとき、メールやLINEがブロックされているかどうかがサインとなります。

ブロックされていないという事は、縁が切れてしまうことに未練があるサインですから、じっくり元カレの気持ちが落ち着いてからアプローチすれば、復縁の可能性は十分あります。

このとき、しつこく復縁を迫ったり相手を責めたりする内容のメッセージを送らないように気をつけましょう。

ブロックされている場合には、時間を置いてあなたの新たな魅力を印象づけられるチャンスをうかがいましょう。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大