復縁するか、新しい恋を目指すか

ありがちな悩みや失敗例
別れてからだいぶ時間がたってしまった…

冷却期間を置いているけれど、辛くて仕方がない…

相手に他に恋人ができたから、もう復縁はムリかも…



いろいろな理由で復縁を諦めたくなってしまうことや、「もう相手のことは忘れて、新しい恋をした方がいいかな」と考えてしまうことも、時にはあるでしょう。


復縁したいという強い気持ちがあっても、相手となかなか連絡が取れなかったり、うまくいかなかったりすると、人は楽な方に流されてしまうもの。


復縁するか、新しい恋を目指すか、今回はそんな悩みについてのお話です。





復縁だけが全てではない

結論から言えば、復縁だけにこだわる必要はないのです。


いつまでも元の恋人を追っているのが辛いからと、もう諦めて新しい恋に向かっていくのもひとつの方法ですよね。


冷却期間を置いている間に、あなた自身が他に好きな人ができた、あるいは誰かから告白された、ということもあり得ます。


その時、あなたがどうしたいかで全てが決まるのです。


相手と復縁することだけが全てではありません。


復縁だけにとらわれていては、かえって視野が狭くなってしまいます。


復縁にとらわれるあまり、新しい恋をシャットダウンしてしまうことは、とてももったいないことですよね。


新しい恋は失恋の痛手を忘れさせてくれる方法でもある、ということを、心の隅に置いておいてください。




復縁することは「新しい恋」でもある


どうしても相手のことが忘れられない、新しい恋をしようとしてもうまくいかない、という場合は、もうあたって砕けろの精神で復縁に邁進していきましょう。


復縁というと、どうしてもよりを戻すだけと思いがちですが、復縁も「新しい恋」には変わりないのです。


お互いよく知っている同士ではあっても、よりを戻すとなれば、そこからまた新しい関係がスタートします。


なぜなら、あなたは復縁するために自分磨きをして、以前とは違う新しい自分になっているから。


復縁は、以前の恋の続きではなく、新しい恋。


そう考えて復縁へのステップを踏んでいくのも、ひとつの方法です。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大
fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大