元カレへの復縁メール!悩むあなたに贈る3つのアドバイス

復縁に役立つ情報 「元カレに向けて復縁メールを送りたい・・・」
「ふとしたときに思い出してしまってつらい・・・」

別れたばかりの時には、彼を失ったショックが大きくてつらいものです。

でも、つらい気持ちに任せて打ったメールは、彼の気持ちを遠ざけてしまうのです。

復縁に成功したいなら試して欲しい3つのアドバイスを贈ります。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

アドバイス1『タイミングを間違えない』

別れを切り出すのも大変なエネルギーを使います。

別れた直後は、元カレも「もうアイツとの関係はこりごり」だなんて思っているかもしれません。

寂しい気持ちに任せて打ったメールは、読んでいて気持ちが重くなりますし、別れたいとハッキリ告げたのに、いつまでも縛られるなんて嫌だと思うでしょう。

別れる時には引きずらず、1ヶ月ほどして元カレがちょっと寂しく感じる頃にメールをいれるのがベストです。


アドバイス2『相手を責めない』

元カレから別れを告げられた場合や、元カレの浮気が原因で別れた場合では、「あなたのした事は許しているから」なんて、責めるような言い方になりかねません。

あなたを傷つけてしまったことに後ろめたさを感じているのに、上から目線でのメッセージは読みたくないと感じます。


アドバイス3『あえて復縁に触れない』

せっかくメールを出せるまでになったのですから、復縁の話題は、デートをセッティングしてしましょう。

メールでは、あなたの存在が元カレにとって支えとなっていると感じてもらうことを優先します。

復縁したいと思っていることはメールには書かずに、さりげない身近な存在であり続けられるようにしてみましょう。


まとめ

復縁までメールのやりとりでなんとか持っていきたいと悩む人も多いですが、言葉で「あなただけしか愛せない」とか「やり直して欲しい」という言葉は、元カレに警戒心を抱かせることもあります。

さりげない心遣いや、癒やしの言葉をかける、愚痴をいつでもはき出せる相手であると言ったことをアピール出来たほうが、復縁への道が開けるでしょう。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大
fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする