復縁の期間はどれくらい?絶妙なタイミングが成功率を高める

復縁するために 復縁の成功率が最も高いのは、どんなタイミングでアクションを起こしたときでしょうか。

復縁までの期間と、ベストなタイミングについてまとめて見ましょう。


スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大

別れてから連絡を取るまで

1ヶ月、短くても2週間以上あける

気持ちが冷静になって、相手のことがちょっと気になるとか、付き合っていた時のことを楽しかったこととして思い出せるようになるには1ヶ月かかります。

別れるきっかけになったことに引っかかっている間は、連絡を取ってもスルーされてしまうでしょう。


はじめの連絡がスルーだったら?

慌ててしつこくすると逆効果です。

2週間ほど期間をおいてから再度メッセージを入れてみましょう。

ただし、返信してもしなくても良いような当たり障りのない内容がベストです。


返信がもらえるまでチャレンジ

2週間置き程度の近況報告や、行った場所のツイートなどを続けておきます。

一度別れた相手と復縁する場合、何度か復縁を持ち出さずに会って気持ちの盛り上がりを待ってからの方が成功率が高いようです。

復縁の話題は封印して、一から関係をやり直すつもりで期間を適度に置きながらアプローチしましょう。


相手の気持ちを見極める

返信が来る場合

少しずつやりとりが増えるように期間を詰めていきます。
十分気持ちが盛り上がったところで、好きだという気持ちがあって、復縁したいと言うことを伝えましょう。


ためらいがちに返信が来る場合

あなたの行動か、過去の良くない思い出が原因で会う勇気が出ない状態です。
ハッキリと「メッセージお断り」と書いていなければ、少しなら、やりとり良いかなと思っていると言うことです。


全く無視の場合

気持ちがまだ復縁を考えられない状態だと思いましょう。

目をそらされている状態ですから、しつこくするとストーカー扱いを受けるかもしれません。

気持ちが収まるまで、もう少し期間を置きましょう。

相手がちょっと寂しい気持ちになりかけている、付き合っていたところの楽しかったことを思い出として感じられるようになってきたというタイミングが復縁のチャンスです。

スポンサーリンク
fukuen-methodレクタングル大
fukuen-methodレクタングル大

シェアする

フォローする